栄光ゼミナールの会社概要

栄光ゼミナールは1980年(昭和55年)設立。1996年に東証二部上場。1988年に生徒数が2万名を超え、1991年に生徒数3万名超、1999年生徒数4万名超、2002年生徒数5万名超、2005年には生徒数6万名を超え、現在、首都圏と北海道、宮城県、近畿圏に校舎を広げ、教室数314校、生徒数約7万人、全国学習塾売上NO.1業界最大手の塾です。

2011年に栄光ホールディングス株式会社を設立しホールディングス体制に移行し、託児所の運営から各種スクール事業、一般人対象のカルチャースクール事業まで、すべての世代に“学び”の場を提供する“ライフナビゲーション・プログラム”を展開。また、社会人の教員志望者を対象にした大学院の設立など、教育に関わるあらゆる事業を展開しています。

栄光ゼミナールのデータ
設立: 昭和55年(1980年)
資本金: 22億6571万円 東証2部上場
従業員数 :1406名(2011年3月末現在)   1399名(2009年3月末現在)
平均年齢 :33.3歳
代表者: 代表取締役社長 近藤好紀

売上高推移
281億円(2002年3月期連結)
310億円(2003年3月期連結)
343億円(2004年3月期連結)
370億円(2005年3月期連結)
391億円(2006年3月期連結)
407億円(2007年3月期連結)
409億円(2008年3月期連結)
412億円(2009年3月期連結)
397億円(2010年3月期連結)
375億円(2011年3月期連結)

主な展開事業年表
1994年 カルチャースクール事業・保育事業開始
1997年 KAPLAN Test Prep International, Inc.と業務提携。カプラン日本校を開設
2001年 大学”現役合格”「栄光ゼミナール高等部navio」開校。
2006年 教員養成のための専門職大学院「日本教育大学院大学」を設立
2008年 科学実験専門教室「栄光サイエンスラボ」を開設
2008年 親子向け文化教養スクール「栄光キッズカレッジ」を開設
2009年 株式会社増進会出版社(Z会グループ)と業務資本提携
2011年 株式会社進学会と業務資本提携

事業所(教室)
教室314拠点【栄光ゼミナール、ナビオ、ビザビ、栄光エクタス】
東京都153、埼玉県58、神奈川県37、千葉県23、宮城県15、栃木県8、茨城県2、群馬県1、京都府9、滋賀県2、北海道6拠点

◆栄光ゼミナール
生徒の「個性」に応じたきめ細かな指導を徹底し、さまざまな独自性を打ち出している栄光ゼミナール。生徒・保護者の多様なニーズに応える指導システム、学習プログラムなど常に教育の新しい「在り方」を常に創造しているのが特徴です。

◆栄光ゼミナールnavio(ナビオ)
大学現役合格を目指す高校生のための塾ナビオ。ナビオの基本姿勢は、生徒1人ひとりの目標達成にじっくりと向き合うということ。少人数制・目的別クラス編成の「グループ指導」、先生1人に生徒1人または2人の「個別指導」、生徒の課題を知り尽くした授業担当者が進路指導を行う「受験ナビゲーションシステム」などが特徴です。

◆栄光ゼミナールVis-a-Vis(ビザビ)
自分のペースで学べる個別指導塾がビザビ。ビザビは、個別指導専門塾で、生徒・家庭とのコミュニケーションを重視。1人ひとりの目的、スケジュールに合わせたオーダーメード方式の学習計画に沿って学習を進めていくのが特徴です。

◆栄光サイエンスラボ(東京都4、神奈川県3、千葉県3)
計画や仮説をたて(PLAN)、実験し(DO)、結果をまとめ(CHECK)、考察する(ACTION)という4つのサイクルで授業を行い、研究発表会を行う科学実験専門教室です。

◆栄光キッズカレッジ(東京都1、神奈川県2、千葉県1)
広い好奇心、興味を刺激する講座を提供することで、学びたい気持ちを応援し、子供だけでなく、家族全員で通えるエデュケーションスペース。

◆日本教育大学院大学/東京都千代田区
2006年4月に開学した、日本初の教員養成専門職大学院。大学教員出身者、中学・高校のベテラン教員出身者、研究者、さらに企業出身者など多彩な教員陣による実践的な指導と、グループ企業の株式会社エデュケーショナルネットワークと連携しての就職支援を提供。

◆VAW栄光ハイスクール/東京都渋谷区
◆カプランジャパン/東京都渋谷区・千代田区
◆Little Steps/東京都渋谷区
◆ろりぽっぷ邑横浜/神奈川県横浜市

 >> 月謝について

  • このエントリーをはてなブックマークに追加