栄光ゼミナールの小学部クラス

小学部には、難関国私立中学対応「四谷コース」、受験コース、進学発展コース、進学標準コースがあります。1クラスの人数は12人と少人数制をとり、すべての子供に行き届くがモットー。

栄光ゼミナールの学習システムは、各クラスとも同じで、まず授業後に授業で習った内容の課題プリントが配布され、それをやるのが宿題となります。

宿題は、自分で答え合わせをして、次回の授業時に塾の先生に確認してもらいます。宿題をこなして次の授業に臨んだら、前回内容の理解度を単元確認プリントで確認。確認テストシステム「CATS」により、間違えた問題に合わせてコンピュータが一人ひとり専用の個別復習プリントを作成してくれます。

この循環をグルグルまわすことで、わからない部分を狭めていき、最終的に全部わかるようにしていくのが栄光ゼミナールの学習システム。

各コースの特徴をみていきましょう。

四谷コース
四谷コースは、首都圏の「御三家」、私国立最難関校、難関上位校を狙う人のためのコースで、他のコースと違い、四谷大塚の予習シリーズを使用し、入塾に際しては、特別な選抜試験に合格することが条件となっています。理解不足があれば、個別復習プリントが配布され、また、各期講習会一つのテーマを集中演習する「セレクトテーマゼミ」が開かれます。

受験コース
受験コースは、国私立上位校を狙う人や地方の私立中学を受験する人のためのコースで、使用する教材は四谷の予習シリーズではなく、「私国立中受験新演習」を使用します。ただし、カリキュラムは四谷コースと同様に進行するので、四谷コースとのコース間の移動も可能です。

進学発展コース
公立中高一貫校の適性検査に備えたコース。公立中高一貫校は、国私立中学入試とは問題が異なります。進学発展コースでは、。小5範囲の基礎的内容を理解した上で、適性検査対策として、数的推理や論理、グラフからの考察、課題作文など、出題傾向に合わせた創造力や記述力を養います。「統一模試」も行われ、志望校の合格可能性も探って生きます。

進学標準コース
進学コースは、受験ではなく小学校の授業をきちんとみにつけたい人向け。使用する教材は「標準新演習」。

こうしてそれぞれの目的に合ったクラス、少人数制による行き届いた指導、弱点が次々にわかる確認テストシステム「CATS」が栄光ゼミナールを業界最大手に導いた最大の要因です。

 >> 月謝について

  • このエントリーをはてなブックマークに追加