公立中高一貫校 受験対策

今、受験界で注目を集めているのが全国の公立中高一貫校です。多くの受験者を集め、受験倍率が10倍を越える人気校も珍しくありません。

その公立中高一貫校は、ご存じのように入試で適性検査があります。適性検査をこなすために何よりも必要なのは「基礎学力」。それに加えて、適性検査で求められる3つの要素「観察力」「分析力」「表現力」は公立中高一貫校の激烈な入試をクリアするには必要不可欠です。

その厳しい適性検査で合格ラインまで多くの受験生を高め、合格実績を出しているのが栄光ゼミナールです。

栄光ゼミナールの2010年度公立中高一貫校の合格実績461名です。
(※2010年2月22日現在)

各地域ごとに数値を挙げていくと、

都内公立中高一貫校314名  
桜修館 55名合格(募集定員の3人に一人が栄光生)
白鷗 45名合格(募集定員の4人に一人が栄光生)
富士 35名合格(募集定員の4人に一人が栄光生)
三鷹 31名合格・小石川 28名合格・両国 20名合格
立川国際 11名合格・武蔵 19名合格・大泉 26名合格
南多摩 23名合格・九段 21名合格

神奈川県内公立中高一貫校46名
平塚 17名合格(受験者の4人に1人が合格)
相模原 29名合格(受験者の3人に1人が合格)

埼玉・千葉県内公立中高一貫校25名
千葉・稲毛・市立浦和・伊奈学園

宮城県内公立中高一貫校39名
県立仙台二華・古川黎明・仙台青陵

関西公立中高一貫校32名
滋賀県立守山中・京都府洛北中・京都市立西京中

など栄光ゼミナールは、多数の合格者を輩出しています。

栄光ゼミナールの適性検査対策指導では、オリジナルのテキストである「新演習」を使用し、小学校で学ぶ基礎を定着、また、「公立中高一貫対策問題集」(文系・理系)を使用し、適性検査で求められる「3つの力」を育成します。

さらに「適性検査実力判定模試」も実施し、教科を問わず幅広いジャンルから出題される適性検査の特徴に対応して、出題された問題に対し、限られた時間の中でどれだけ力を発揮できるかを確認します。

今や地域の公立中高一貫校の受験生の合格に栄光ゼミナールはなくてはならない存在になりつつあります。

その栄光ゼミナールで、体験授業が受けられます。まずは1教科4日間から試せますよ。

体験授業では、「グループ指導」または「個別指導」を選べます。グループ指導は1クラス6名から18名までの少人数制、個別指導は、先生1人に対して生徒2人という1対2の個別指導です。

しかも、グループ指導は受講料が無料!
必要なのは教材費、その他プリント代として2100円だけ!

また、個別指導は、1回1050円(4回セットでのお申込みで1講座4,200円)というから安いです!

詳しい「教室ごとの時間割や受講料の案内」と「栄光ゼミナール総合入塾案内」は資料請求をするともらえます。
 
資料請求も無料ですから安心です。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加