栄光の筆頭株主に佐鳴予備校!

東海地方を中心に「佐鳴予備校」を運営する学習塾中堅のさなる(東京・新宿)が、栄光ゼミナール」などを運営する栄光の発行済み株式の32.18%を取得したことが明らかになりました。

平成22年9月8日の

分かった。実質的にさなるが栄光の筆頭株主となり、両社は指導ノウハウの共有など業務面でも提携する見通し。学習塾は少子化で成長が難しくなる中、再編で生き残りを目指す動きが加速してきた。

株式会社さなるが関東財務局長に提出した大量保有報告書によると、株式会社さなる(代表取締役佐藤イサク)は、2010年9月8日に株式会社栄光の株を6.24%取得、買取単価は650円、総額は7億6570万円は借入で賄った。

また同時に、有限会社信和管財(代表取締役 佐藤イサク)は、栄光株を25.94%(買収額は不明)を取得している。合わせて32.18%もの株式取得となりました。さなるはこれまで栄光に出資していませんでした。なお、栄光に出資しているZ会を運営する増進会出版社との提携は維持する見込みです。

さなる、栄光の両社は今後業務提携に向け協議する見通しです。

栄光の2010年3月期の売上高は396億円で前期比4%減で今期は2期連続の減収になる見込みで、一方、さなるの2010年6月期の売上高は138億円。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加